19世紀、イギリスの植民地であったインドのアッサム地方で、茶の茂みが発見されました。
大きなマーケットを確立していたイギリスの紅茶産業は、輸入から栽培へと切り替わり、生産の中心はアッサム地方へと移ります。

これが、インドにおける紅茶産業の始まりです。

イギリスでの研究の結果、中国から輸入されていた紅茶の茶葉と同一の品種であることが確認されたインドの茶葉は、まずはイギリスの貴族に飲まれ、次第に大衆に広がり、19世紀末には中国紅茶に勝る程飲まれるようになりました。
しかしながら植民地当時、良質な茶葉は輸出に回されてしまうことからも、インドの人々に残されていたものは、良質とは言い難い茶葉だけでした。

残りの茶葉で、どうにか美味しい紅茶を飲めないか。試行錯誤の結果、スパイス入りのミルクティー、チャイが生まれました。

今ではチャイは、単なる植民地時代の名残を超え、国内の良質な茶葉を取り入れた独自の産業として花開きました。人々の生活に、癒しとくつろぎを与えてくれる欠かせない飲み物となり、インドの人々に愛される生活の一部となったのです。

Moksha Chai®︎ |モクシャチャイでは、アッサム地方の上質な茶葉を使用し、5種類のスパイスをオリジナルにブレンド。インド現地本来の、濃厚で味わい深いチャイに仕上げました。
あなたの癒しとくつろぎの時間に、どうぞ味わってみて下さい。

© 2018 The Moksha Japan Inc. All Rights Reserved